みぶ村上クリニック

みぶ村上クリニック|京都市中京区壬生森町の内科・消化器科・アレルギー科・リウマチ科

〒604-8862 京都府京都市中京区壬生森町29-3
TEL:075-813-5550

第128回

第128回

朝の忙しい時間に恐縮ですが、NHKBSで7時15分から、朝ドラ史上最高視聴率62.9%を記録した「おしん」の再放送が流れているのをご存知でしょうか?

子役の小林綾子さんの少女時代の奉公の苦労や貧乏の悲哀などの演技が話題になった朝ドラですが、いま見返してみると、戦争に巻き込まれていく大正から昭和にかけての社会情勢や戦争に息子を駆り出されていく家庭の悲しみなどが庶民目線で描写され、昨年話題になった「この世界の片隅に」に通じるものがあります。

最近の朝ドラ「なつぞら」「スカーレット」での敗戦からドラマは始まっていますが戦争の描写はさらっと、その後は明るい話題が多いドラマです。
朝ドラの描き方も、確実に変わってきているのを感じます。

先月、天皇陛下の即位の礼や祝賀御列の儀など一連の儀式が無事終わり新しい名実ともに新しい時代が始まりました。
お祝いの気持ちとともに、天皇陛下万歳や提灯行列など戦前の軍国主義を呼び起こされる映像がテレビから流れると何か不安な気がします。

また、「桜を見る会」では、優秀な官僚たちがしどろもどろでどうみてもウソついてるでしょと必死で内閣を守ろうとする姿に、戦時中の都合の悪い情報は出さなかった軍部や官僚の姿が重なります。
「桜」のことよりももっと大事なことがあるだろうというコメンテーターの意見、なるほどごもっともですが、国家のため、天皇陛下のためと言って反対意見を封じ、敗戦を迎えた歴史を忘れてはいけません。

香港での民主派のデモの映像が流れるたびに今の日本の平和を大切にしたいと切に願う師走です。

令和元年12月2日

2019-12-18 11:24:45

ヒポクラテスのひとり言(過去の記事)