みぶ村上クリニック

みぶ村上クリニック|京都市中京区壬生森町の内科・消化器科・アレルギー科・リウマチ科

〒604-8862 京都府京都市中京区壬生森町29-3
TEL:075-813-5550


【ライン公式アプリ】

トップページ»  ヒポクラテスのひとり言(過去の記事)

ヒポクラテスのひとり言(過去の記事)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

第182回

6月になり皆様の手元には健康診断、特定検診の受診のお知らせや結果が届いているかと思います。
年一回の検診は車でいうところの、車検もしくは定期検査にあたるものです。

肥満、肝機能異常、血糖値、中性脂肪、コレステロールなどなどいろいろ耳の痛いコメントがあると思いますが、
ぜひ左耳から右耳に聞き流さず、要受診とされた方は、その結果をもってかかりつけ医に受診相談してください。

朝、車に乗るときにエンジンがいつもと違う音がする、エンジンのスターターが弱い、運転時ガタガタする、
などあれば、エンジンオイルをチェックしたり、バッテリーをチェックしたり、タイヤの圧や溝をチェックしますよね。
  
同じことです。 

コレステロールや糖尿病はエンジンオイルの汚れになります。 
心電図の異常は、バッテリーの不調になります。 
高血圧は、エンジンのオーバーヒート、肥満は、過積載になるかな。 

ただ、車の異常は、部品の交換ができますが、人は、なかなか臓器の交換はできません。
車は、急に止まってもJAFを呼んだらなんとか修理工場までレッカー移動して部品交換できますが、
人は不調が出て救急車で病院に運んでもらっても治らないこともあり、そのまま死んでしまうこともあります。 
最悪、車は新車を購入することはできても、人は代わりの人はいません。

くれぐれも、健康診断の結果を放置、無視せず、受診してください。

かかりつけ医からの切なるお願いです。

令和6年6月6日

2024-07-05 15:18:59

もっと読む...

折りたたむ

第181回

GWも終わり、皆さんリフレッシュされたでしょうか?
さて、そろそろ憂鬱な梅雨の季節の到来の足音が聞こえます。
これからは、食中毒、熱中症に気をつけてください。

思い起こせば、1年前にコロナ感染症が感染法上の分類が2類から5類に引き下げられました。
今では、街には人があふれ、マスク アルコール消毒、体温測定も見かけなくなりました。
すっかり、コロナ前の風景に戻ったかのようです。
しかし、本院でも現在もコロナ陽性の方が一日2人から3人程度いらっしゃいます。
ワクチンの効果もそろそろ減弱化するころですので、改めて手洗い、マスク、うがいなどできることはしていきましょう。
アクリル板のある飲食店での黙食などもこりごりですから。

現行の保険証は12月2日以降発行されなくなります。そろそろマイナンバー保険証の使用に切り替えましょう。

令和6年5月10日

2024-06-06 11:38:09

もっと読む...

折りたたむ

第180回

特定保健用食品、栄養補助食品、あったらいいな小林製薬、
紅麹、青かび、プベルル酸、腎障害、死亡者5名など最近気になるニュースが飛び交っています。

健康にいいから、病院行くのも面倒だから、薬は嫌いだがサプリメントなら体に優しいから、
テレビでよくコマーシャル出している会社だからなどなど、紅麹を服用された方の動機は様々でしょう。
私もセサミン、ロコモア、コンドロイチン、イチョウエキス、ブルーベリーなど今までいろいろ試したことがあります。

以前、コレステロールがなかなか下がらない患者さんに詳しく効くと「先生こんなサプリ飲んでます。
と後からそーっと言われたことがありました。それはにんにく卵黄でした。
そりゃ卵黄をたくさん摂取したらコレステロール値は下がらんわ、中止してもらったらすぐ正常値になりました。

菌やカビに生えたカビは毒。これは医学、薬学では常識です。ペニシリンや抗がん剤もカビから作られます。
毒性が強くても、厳しい臨床試験を経てその量や成分を一部変えて抗生剤抗がん剤として使われているのです。

味噌、ヨーグルトなど発酵食品、キノコなども体にいいものですが、
何か味が変だと思ったら自分の舌を信じて菌やカビに生えたカビかもと思って捨てる勇気が必要かもしれません。

 

令和6年4月4日

2024-05-10 10:25:30

もっと読む...

折りたたむ

第179回

卒業の季節となりました。
昨年の暮れに亡くなった八代亜紀さんの曲に「心をつなぐ10円玉」という曲があります。

卒業間近の最後の授業で
先生がくれた10円玉
小さな袋に入ってた たった一つの十円玉
死ぬな 死ぬな 死んじゃいけない
苦しいときには電話をかけて来い

先生ありがとう 心にいつも
あの日の言葉がありました
遠い昭和の 遠い昭和のことだけど
今も私の宝物

卒業し社会に出れば、好天ばかりとは限らない。
激しい風雨にさらされて押しつぶされそうなときは、
あなたを大切に思う人の顔を思い浮かべてほしい。
町には公衆電話もすっかり見られなくなりましたが、
心にはいつも10円玉を握りしめていてほしい。

その夜から雨に逢いけり巣立鳥(小林一茶)

 

令和6年3月4日

2024-04-04 10:17:57

もっと読む...

折りたたむ

第178回

先週、熊本から島原、雲仙、長崎と一泊2日で弾丸の旅に出ました。
7年前の熊本地震 崩落した熊本城、天守閣は再建されましたが、
まだあちこちに崩壊した石垣がのこりすべて修復するのにはあと30年かかるそうです。

33年前の雲仙普賢岳の噴火、その爪痕はほとんどなくなった島原の町、
ただ普賢岳は今では町を威圧するようにそびえたっていました。

そして長崎、75年以上前に原爆を投下され焦土と化した町は、新幹線が誘致されますますきれいになり、
もう戦争の痕跡は原爆資料館や平和公園に残るのみとなりました。

今、輪島の震災の報道を見るたびに復興にはあと何年かかるのだろうと考えさせられます。
天災が多い日本の宿命、何度も打ちのめされも復興を成し遂げた人々の歴史を改めてかみしめた旅になりました。 

 

令和6年2月8日

2024-03-04 14:38:50

もっと読む...

折りたたむ

第177回

2024年辰年、明けましておめでとうございます。

元旦の夕方、長周期の横揺れを皆さん感じられことでしょう。
震度7、能登半島を中心とした地震でお正月気分が吹っ飛びました。
お亡くなりになった方々、現地で被災された方々、寒さの中不自由な生活をされていることと察します。
心からお見舞い申し上げます。

そして、2日、その震災の支援物資を空輸するための海上保安庁の輸送機が、
JALの大型飛行機と羽田空港の滑走路で衝突炎上事故がありました。
その映像はリアルタイムに流れその事故の大きさに皆さん肝を冷やされたことでしょう。
帰省や旅行で交通手段が寸断され大変な思いをされている方も多いと思います。
無事帰れますようにお祈りいたします。

日本の安全神話はいったいどこに行ったのでしょう?
天災と人災。あらためて危険の上に今の生活が成り立っていることを思い知りました。

みなさまも、ご安全に一年をお過ごしください。

令和6年1月5日

2024-02-08 14:03:00

もっと読む...

折りたたむ

第176回

2023年もあと残るところわずかになりました。
1年の世相を表す今年の漢字を予想してみたいと思います。

ずばり【戦】

3月のWBCベースボールの優勝、9月の阪神・オリックスのリーグ優勝、11月の阪神の日本一、
バスケット バレーでの日本選手の大活躍などスポーツでの戦いが私たちに勇気を与えてくれました。
5月にはコロナ感染症が第5類となり、3年に及ぶコロナとの戦いにやっと終止符が打たれ、事実上制限のない生活に戻りました。

ロシアとウクライナの戦いは2年に及びいまだその収束の道筋は見えません。
10月ハマス対イスラエルの戦いが始まり戦火は拡大の一途をたどっています。
悲しい戦いもあれば、わくわくする戦いもあります。
今年の最後は紅白歌合戦でのんびり紅組対白組の戦いを見ながら年を越しましょうか?

令和5年12月7日

2024-01-05 09:33:43

もっと読む...

折りたたむ

第175回

祝 38年ぶり阪神タイガース日本一

おめでとうございます。 38年長かった。 岡田監督お疲れさまでした。
湯浅投手 岩貞投手 青柳投手などの投手起用が素晴らしかった。
エラーの多かったセカンド中野、シーズン全試合全イニング出場お疲れ様でした。
近本、佐藤、ノイジーなど好打者を育てた岡田監督、
決して風采はいいとは言えない、どっか頼りなさげな老人風の岡田さん、当初は心配でしたが、失礼しました。
本当にありがとう。

今年はWBC優勝から始まり、エンジョイ野球の慶応高校の夏の甲子園優勝、大リーグでの大谷の大活躍、
そして沢村賞投手山本由伸を擁するオリックスとの日本シリーズ、本当に野球のすばらしさ、チームプレイのすばらしさを再認識した一年でした。
感動をありがとう。
阪神ファンは来年の活躍を静かに?見守り来年のアレを期待しています。

令和5年11月6日

2023-12-07 17:41:14

もっと読む...

折りたたむ

第174回

心臓が止まってから、脳死となるまでに長くても5分程度と言われています。
その5分間、人は死ぬときどんな風景を見るのでしょう。

大学病院勤務時、2回心停止を起こし奇跡的に蘇生され患者さんに、
その数分間どのような体験だったか聞いたことがありました。
彼女によると、真っ暗な道をずーと歩いていくと急に明かりがさし、
その先には川が流れていて、その向こうは花畑が広がっていたそうです。

先日お彼岸に長野の善光寺に初めてお参りに行っていました。
本堂の中に、お戒壇めぐり(胎内めぐり)という体験があります。
本堂の地下数段降りて、約40mの真っ暗の回廊を、極楽の錠前と言われる金具を目当てに、
耳と右手の手すりだけを頼りに歩きます。
本当に心細く、怖く、5分ほどが30分ぐらいに長く感じます。
そして、無事極楽の錠前を探し当てやれやれと喜んでいると、
先に一筋の光明が差し込み、その先は出口となります。
あー、現世に戻ってきたと涙が出るほどうれしくなります。

きっと、人は死ぬときこのような風景をみるのでしょう

令和5年10月2日

2023-11-06 13:54:07

もっと読む...

折りたたむ

第173回

10年をひと昔というなら、今年9月3日、この京都壬生の地に開院してからふた昔となります。

20年前、NHK大河ドラマで新選組!の放送をみて、歴史好きの私が壬生の地に開業を思い立ち、
そこからいろいろな人とのつながり、患者さんとの出会い、別れがありました。

困ったときに助けていただいた今までのスタッフの方々、薬、試薬の不足のときに手早く届けていただいた業者の方々、
そのほか診療、業務に手助け助言いただきました様々の業種の方々、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

この20年思い返せば嵐もあれば凪もありました。
これからまた次の10年万事無事航海できるよう、皆様のお役に立てるよう、精進いたします。
よろしくお願いいたします。

開院当時のモットー:  Passion(情熱) Mission(使命) Action(行動) をいつまでも忘れず

令和5年9月4日

2023-10-02 15:53:52

もっと読む...

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5